生田流 宮城社 琴三絃教室体験入学・見学OK!お気軽にお電話ください♪06-6909-9526
  • トップページ
  • 教室案内
  • 教室・発表会風景
  • お稽古について
  • 教室からのお便り
  • 〒571-0057大阪府門真市元町17-20 TEL06-6909-9526
お稽古について
お稽古内容
好きなとき、空いた時間にお気軽にお稽古♪

3段階のクラス分けがございます。お稽古はお1人あたり1ヶ月に3回。
特に予約は必要ございません。皆さんでご都合を合わせながら
お稽古にいらっしゃっています。

お稽古ができる日

曜日:毎週月・火・水・土
時間:13:00〜21:30

最初にお稽古を続けるのにご都合の良い
曜日と時間帯をお選びください。
急にご都合の悪くなった場合には、日を
変更していただいて構いません。
予約制ではございませんので、日によっ
ては順番待ちもありますがご了承ください。

クラス分けとお月謝

《入門クラス》
小学生のみで、琴の楽しさを知っていただく
コース
月謝:1,000円
《初級コース》
練習者向けの小曲集から
月謝:6,000円
《中級コース》
「六段調」ほか古典・現代を取り混ぜて
月謝:8,000円
《上級コース》
助教以上の免状取得者向け
月謝:10,000円

お月謝は、月初めのお稽古日にお納めください。
1度お納めいただきましたお月謝は、いかなる場合でもご返金することはできません。

☆無料体験・見学行っております。
無料体験 ・見学をご希望の方は、事前にお電話にて日時をお知らせください。
まずはお琴に触れてみて、お琴の楽しさを体で感じてみてください。

生徒の声

私の入門は、還暦を過ぎてからでした。呑み込みも遅い上に、眼や手首の故障が多くありましたので、
疾うにお稽古の棒を折っていてもおかしくありませんでした。
それが15年も続けてこれたとは!!(信じられないことです。)これは、お琴が持つ魅力と先生のお人柄、
美しい音色に魅かれたのと、そして演奏会などを通して社中の方々との間にできた温かくて深い、
そして強い絆が引っ張ってきてくださったからと思っています。

琴の稽古 15年も続いていること(70代・女性)
お琴の音色に惹かれて入門し、34年が過ぎました。私にとって慌ただしい生活の中でお琴を奏でてい
ることが生活の一部分になり、心休まる時間です。お稽古の厳しさに苦戦しておりますが、お琴を通し
て色々勉強でき、素晴らしい師匠のもとで勉強できることに感謝し、今後も前向きに限りのない道を歩
んでいきたいと思います。
(飯山裕美)
子どもの頃の音楽の成績は3。そして音痴。そんな私がなぜ三味線と琴?50歳を目前に、何か楽器を
弾くことができたら、これからの毎日が心豊かに送れるのではないかと思い、始めることに。
甘かった・・・。
音はわからず、リズムはとれず、もう大変。でも5年目になる。何か惹き付けるものがここにはある。
(50代・主婦)
お琴の教室を探すのに電話帳を見たり町の看板を見ても限りがあり、インターネットで調べました。有名な先生のもと、私がレッスンを受けてもいいものか何か月も悩みましたが、先生のお言葉や社中の方々のコメント・感想を拝見し、ますますひかれて勇気を出してお電話をさせて頂きました。
先生はとても明るく温かいお人柄でレッスンでは丁寧にご指導してくださいます。
先生に巡り合えたことを幸せに思います。私は入門してまだ浅いので、新しい人がたくさん増えればうれしいです。
(30代・女性)
大学時代に少しかじった琴を再開して2ヶ月経ちました。クラブ活動ではグループレッスンで細かい指導を受けることが出来ず自己流で弾く癖がついて曲の難易度が上がるとついて行くのに大変な苦労をしました。ですがこちらで先生に横についていただいて手ずからご指導いただくとすんなりと昔できなかったことができるようになりました。
また、先生はとても朗らかな方で、こちらが元気でない状態でお稽古に伺っても琴の音と先生とのおしゃべりとで気分が晴れてくることがしばしばです。
社中の皆様は気品の良い優しい方ばかりで楽しく安心してお稽古に励むことができます。
(30代・女性)
二人の娘も巣立ち、還暦を迎えようとする、ある年の9月の昼下がりでした。
ふと、床の間に飾られているお琴を見て、無性に懐かしく思えたのです。
考えてみるとあれから35年、結婚・育児・家事に追われ、お琴に触れる機会が全くありませんでした。気がつくと、田中先生にお電話をかけていたのです。
「わあ〜!懐かしい。元気なの?」昔と変わらない、先生のきれいなお声を聞き、タイムスリップしたかのようでした。そして、浦島太郎のような私を教えてくださることになり、そろそろ3年になろうとしています。落ち込むこともしばしばですが、先生の熱意あふれるご指導のおかげで、「頑張ってみよう!」と、勇気が出てきたことに、感謝の気持ちで一杯です。
(60代・主婦)

Page Top

copyright(C)2008 大阪府門真市-生田流宮城社琴三絃教室. All Rights Reserved.